こんにちは、紺野うみです。

 

突然ですが、私の好きな場所といったらお布団の中、の中、自然の美しい場所……

 

そして、もちろん神社です

 

好きな場所なわけですから、理由があってもなくても、てくてく出かけていくもの。

 

そんな私ならではの楽しみ方なので、これはお忙しい方向きではないのかもしれませんが……(笑)

 

今回は、神社を心から満喫したいなら、ぜひオススメしたい、神社の歩き方のお話です👣

 

 

私たちが日常生活の中で出会う場所や物事には、それぞれに楽しみ方があります

 

コンテンツそのものを、受け手側がそれぞれの五感を働かせることによって、「感じる」ことで成り立つもの、と言えるのではないでしょうか?

 

たとえば、映画館だったら、視覚聴覚🎬

 

レストランなら、嗅覚味覚🍴

 

リラクゼーションマッサージなんかは、触覚ですね

 

 

そして、神社という場所こそ、私は「感性で味わうもの」だと思っています

 

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感は、日常のさまざまな場所で使われ、刺激されるものです

 

しかし、それだけではありません。

 

人間も生き物ですから、必ず「六番目の感性」というものがあるはずなんですね。

 

そう。

 

第六感」……つまり目には見えないものを感じとる感覚💡

 

それが自然に、よい形で養われるのが、このような場所なのです

 

 

神社にでかけますと、誰しも少しは「神様の存在」を意識しますよね

 

たとえ肉眼では見えなくても、そこが「神様のいらっしゃる場所」なのだと、考えるはず🏠

 

「神様」だけではありません。

 

神社では、さまざまな「目に見えないもの」を感じとることができます🐾

 

そしてその練習は、誰にでもいつでも気軽に始めることができるもの🐥

 

 

神社に入ったら、まずは自分の「感覚」を研ぎ澄ませてみてください。

 

何かについて頭をいっぱいにしていたり、ひとつの感情に捕らわれすぎることなく、心に「あえて隙間を作ってみるのです🍃

 

できるだけ、リラックスするように心がけましょう

 

すると、普段気づくことのなかったような物事に、ふとが、が、が、反応できるようになってきます……。

 

 

まずは手始めに、境内で、自然の姿を感じてみてください🌱

 

風で木々がざわめく音。

 

葉っぱの揺れ方。

 

陽射しの暖かさと光。

 

季節を教えてくれる花々。

 

水が流れる音の心地よさ。

 

玉砂利の上を人が歩く音。

 

のんびりと歩きながら、すべてをぼんやりと眺めて・聴いて

 

感覚で、神社という空間を楽しむのです

 

 

するとそのうち、「〜な気がする」という、不思議な感覚が芽生えてくるようになるはず🐥

 

「神社に漂う空気って、なんかいつもと違う気がする」

 

「自分のことを、神様が見てくださっているような感じがする」

 

「ここの神社は、ふんわりと柔らかい雰囲気があるかも」

 

「この狛犬様は、ちょっとお茶目な性格をしているのかな」

 

……などなど。

 

 

その「気がする」こそ、あなたの大事な感性です

 

人間は何でもかんでもすぐに、「で、答えは?」とか「それは本当なの?」とか、結論を求めますよね💦

 

しかし、そういったものには、答えが無くてもよいのです。

 

大切に「自分の心の中だけ」で、感じてみてください

 

でも不思議なことに、その感覚は、磨かれれば磨かれるほど、間違わなくなります。

 

見えないものは、たとえ見えなくても「感じること」はできるので💡

 

 

私は神社を、「自分と向き合うことのできる場所」だと考えています。

 

自分の心が、今どうなっているのか?

 

自分の中が凝り固まっていたり、ドロドロとしたような、風通しの悪い気持ちが居座っていないかどうか?

 

自分が今、向き合うべきものはなんなのか?

 

 

それらは、自分の思い込み雑念がある限り、素直に考えることができません💦

 

入りこむ隙間がないのです🚪

 

だからこそ、まずは意識して、頭ではなく「心で感じる」ようにしてみましょう。

 

まずは自然の姿から、感じてみる🌱

 

つぎに、芽生えるようになった直感を信じながら、いろんなサインを感じてみる

 

それをありがたくも、練習させていただける場所、そして磨いていける場所。

 

……それが神社です

 

あなたもぜひ、神社を歩く時は、心を自由にして自分の中の「感覚」を育ててみてくださいね!

 

 

 

《追記》

 

神社のお社にかけられていることの多い「紙垂(シデ)」という雷マークのような紙。

 

これは、注連縄(シメナワ)に括られており、その場所が「神聖な場所」であることを示すものです。

 

これは私が個人的に、さまざまなサインを受け取りやすいもののひとつだと感じています

 

感覚」を磨くのにも最適ですので、お詣りしながらぜひ、じっと見てみてください(笑)

 

不思議な動きをしていることが多いですよ

 


 

★ ご連絡はこちらからお気軽にどうぞ

6door.konnoumi@gmail.co

 

★これまでの記事一覧

バックナンバー

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM