こんにちは、紺野うみです。

 

昨日、2018年8月5日(日)は、60日に一度巡ってくる「己巳の日(つちのとみのひ)」でした。

 

私が以前、DRESSの連載で一番最初にご紹介をさせていただきました「上神明天祖神社」様が、特に大切にしている日です。

 

今日、ツイッターやフェイスブックを通じて、その「己巳の日」ゆえに起きていたという大変な混乱のお話を知りました。

 

 

ご覧になった方もいらっしゃるでしょうが、少し前にこの神社が『にじいろジーン』というテレビでも取り上げられたことがありました。

 

当然、私もDRESSの記事でご紹介をさせていただきましたから、よく分かるんです。

 

その魅力を知れば、きっと多くの方が「足を運んでみたい!」と思うに違いないと。

 

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】

 

上記の記事の中でもご紹介しましたが、上神明天祖神社では御朱印の種類がいくつかあり、時期限定で印の色が変わったりもします。

 

その工夫の意味とは、これまでその神社の存在を知らなかった方も、御朱印を入り口に神社に興味を持って、より多くの方にお運びいただくため

 

さらに、時期ごとに変化することの意味は「折に触れて(季節ごとに)神様に会いにいくこと」のきっかけになればという工夫のひとつであると、私は認識しています。

 

上神明天祖神社は、白蛇さまがお祀りされていることから「巳の日限定」「己巳の日限定」の御朱印があり、それはとても美しくて素敵なデザインなんです。

 

 

そして迎えた昨日(5日)は、土日と重なる数少ない己巳の日であること、そして夏休み期間であることなども重なり、どうやら参拝の方が殺到して大変なことになっていたようです。

 

この季節ですから、参拝のほか御朱印や御守りを求める長蛇の列が、猛暑と炎天下の餌食となって皆様に苦行を強いていたのだそう……。

 

その顛末を知りながら、私は何とも複雑で悲しく、悩ましい気持ちになっていました……。

 

かつてもこのブログで記事を書きましたが、三峯神社の『白い氣守』のことを思い出したからです。

 

(その時の記事はこちらです→「継承のかたちと難しさ」)

 

毎月一日だけに頒布される『白い氣守』は、話題が話題を呼び、その御守りを求める方で周辺道路の大渋滞が起こるなど、深刻な問題が起きていたのだそうです。

 

その時も、ネット上には「神社の対応が悪い」「迷惑だからなんとかしてほしい」といった声がたくさんありました。

 

確かに「人が殺到する」ということの影響は凄まじく、近隣の方には迷惑が掛かりますし、トラブルの種にもなりかねない事態です。

 

しかし、私はどうしても、神社側の想いやその状況になるまでのいきさつを思うと、どうか「対応が悪い」「迷惑」だけですべてを終わらせないでほしい……と願わずにはいられません。

 

 

なぜなら、どの神社であってもそのお社を守り抜くためには、人々の信仰が必要だからです。

 

私はいくつもの神社を訪れるうちに、人に忘れ去られつつあったり、管理が行き届かずにいるらしい淋しげな神社にも出会ってきました。

 

時代とともに多くの神社が継承していけない状況となり、やむなく合祀(他の神社に合わせてお祀りすること)されたり、忘れ去られ朽ちていくばかりになっていくなどしています。

 

そんな中で、神社はそれぞれに「継承していくための努力」が求められているのです。

 

神社を守り抜くといっても、「想い」だけではどうにもできません。

 

古くから残されている神社であればあるほど、その姿と神様の力を保ち、人々が集うことのできる場所であり続けるためには、どうしたってお金が必要です。

 

古くなれば修繕が必要ですし、いらしてくださる参拝者のために、境内の整備などもしなくてはなりませんから。

 

物質的なものの価値が追い求められているこの時代でも、神社は多くの方の心の拠り所となり、日本人にとって欠くことのできない大切な場所です。

 

神道の本質的価値はそのままに、この時代、これからの時代を生きる方々にも存在と意義を知っていただき、足を運んでもわらなければ、間もなく神社は立ち行かなくなってしまうことでしょう。

 

神社側が「分かる人だけ理解できればいい」「知っている人だけ来ればいい」という姿勢になってしまっては、これまでの継承者の努力の上に胡坐をかいているだけです。

 

神社は、そして神職は、いついかなる時代であっても、神様と人間の間を橋渡しする存在でいなくてはいけません。

 

そういう役目を担っているからです。

 

今の時代に寄り添いながら、しかし神様に向き合う心神道の本質については守りつつ、工夫していくことが求められている……。

 

これは、本当に難しいことです。

 

少し別の事柄に置き換えてみると、分かりやすいかもしれません。

 

たとえがあまり適切ではないかもしれませんが、「神社」を「会社」と置き換えて考えてみてください。

 

……100年以上続いているというだけでも、すごいことですよね!

 

神社は、そう考えると桁違いなほど長い間そこに在り続け、その時代ごとに生きる人々の心を支えてきたわけです。

 

受け継いでいくことの難しさと同時に、その役目の重さや価値も、しっかり想像してみれば実感できるはずです。

 

 

どうしたら、多くの方に知っていただけるか?

 

足を運んでいただき、神社という特別な空間に親しんでもらえるか?

 

神様の存在を感じながら、日々を明るく過ごしていただけるか?

 

そんなことを、常に考えながら、工夫を重ね、失敗をしたら改善を目指して絶え間ない努力を続けている。

 

それが、神社の裏側の姿なんです。

 

 

「神社って、そこに在るだけでお賽銭がもらえていいよね」と思っている方も、ひょっとしたらいらっしゃるのかもしれません。

 

実は、そんなに単純なことではないんです。

 

そのことも、ぜひ知っておいていただきたいと、私は思っています。

 

 

もちろん、現代に至るまでに、数ある神社の中にはどんどん利益を追い求めるようなやり方になってしまっている場所もあります。

 

目先の利益ばかりを追い求め、お金を得ることを目的としてしまうやり方については、正していかなくてはなりません。

 

それは、神様も望んでいないことですし、もしそうなっている神社がありましたら、それはそこを守る神職の責任だと思います。

 

でも、少なくとも、私が何度も足を運ぶ上神明天祖神社様は、そうではありませんでした。

 

「少しでもお金があったら、それは神様のため(神社の維持)に使い、結果多くの方が参拝に来てくださる信仰の集まる場所になると考えています」と、宮司さんは仰っていました。

 

地域の人を大切にしながらその街を盛り立て、参拝してくださった方にはこの神社に参拝してよかった、また行きたい……そう思ってもらえるように、努力し続けなくてはいけない、というお話も聞きました。


上神明天祖神社は、地域の村社です。

 

ここまで人々に知られ、多くの参拝をいただくようになるまでの間には、本当にさまざまな紆余曲折があり、ご苦労があったそうです。

 

私はその信念と道のりを知って、この神社の雰囲気が素晴らしいと感じた理由のひとつが、腑に落ちた気がしました。


そして、この神社と神職の方が神様に愛されているが故に、参拝者が増えるようにとお力添えをいただけているのだということも、よく分かりました。


(もしかするとこの状況も、この神社がもっとよくなるようにという、神様からの愛情なのかな……?)



私は完全に部外者として勝手に熱く語り、勝手にその想いを申し上げているだけなのですが……。

 

皆様にどうか、「御朱印」や「御守り」などの形あるものにばかり心を囚われ、一喜一憂することのないようにお願いしたいのです。

 

『白い氣守』の時も書きましたっけ。

 

神様は『白い氣守』を持っていなかったり、『特別な御朱印』を持っていなかったとしても、それぞれの人の心と向き合ってくださいます。

 

その人の願いを、「叶えるに値する」または「叶えるべきである」と判断すれば、そのようにお力をお貸しくださると思います。

 

逆に、自分の「御利益」だけを追い求め、神頼みして「なんとかしてほしい!」というだけでは、どうでしょうか?

 

神様は、それぞれの人にとって必要な試練は与えますし、それを乗り越えることでもっと強く優しい心になれると信じて、あえて「子どもを谷底に突き落とすライオン」的なこともされるのです。

 

まずは、神社に行く「意味」について、しっかりと想いを馳せてみませんか?

 

 

私たちが決して間違えてはいけないことですが、神社は、「お店」ではないんです。

 

元々は、私たちに数限りない恵みを与えてくださっている神様や自然をお祀りし、畏敬の念と感謝を込めて祈りをささげるための場所。

 

すなわち、神様のための場所なのです。

 

私たちは、そこにお邪魔させていただき、神様を身近に感じる大事な機会をいただいている……それが、参拝する私たちの姿勢であるべきではないでしょうか?

 

人間が「御利益」というサービスを享受するためにあるわけではないのですから。

 

 

「己巳の日」や「例大祭」など、特別な日にたくさんの人が集い、お詣りをすることも素晴らしいことです!

 

しかし、そのような特別な日は、どうしたって人が殺到してしまう可能性を秘めています。

 

この情報化社会である現代では、ちょっとしたきっかけですぐに想定外の認知の広がりが起き得るわけです。

 

その時の状況が悪く、その対応が追いついていなかったというだけで、「その神社のすべて」を否定したり、嫌いにならないでいただきたいのです。

 

もし今回のようなことでお気を悪くされた方は、ぜひ早朝や平日など、人の少ない頃合いを見計らって一度足を運んでみてください。

 

きっと、その静けさや温かさの中で、さまざまなことを感じることができるはずです。

 

純粋に、神様に向き合う時間が、持てることでしょう。

 

 

実はね、私も神社好きなので、醍醐味を知っているんです★

 

参拝はできる限り静かに、時間や周囲に気を取られることなく、穏やかな気持ちで神様に向き合えた時が一番うれしいって(笑)

 

ぜひ、その幸せや価値を多くの方に知っていただきたいし、今回のような出来事があっても、それだけで心を折られてしまわずに足繁く神様に会いに行ってみてください!

 

ひとりの上神明天祖神社ファンとして、勝手ながら皆様にお願いしたいと、正直な想いを綴ってみました。

 

 

今回は、本当に耐えがたい猛暑の中をわざわざ楽しみに出かけた方も多かったようで、頑張ったのにリタイアせざるを得なかった方は、さぞ残念な想いをされたことだろうとお察しいたします。

 

ですが、これに懲りずに、これからもあなたにとって素敵な神社に足を運んで、神様を感じるひとときを持ってみてくださいね!

 

私もいろいろな形で、皆様と素敵な神社をお繋ぎできるように頑張ってまいります★

 

 

 

★これまでの「巫女ライター日記」記事一覧

バックナンバー

 

 

 


 

★最新のお知せ★

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎最新神社ご紹介記事、更新されました!

長い歴史とロマンが宿る「根津神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#4】

 

《過去記事》

子育てと厄除けの八幡さま「大宮八幡宮」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#3】

神社でデトックス! 心と体をきれいにする「夏越の大祓」とは

五龍神のすまう田無の杜「田無神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

 

こんにちは、紺野うみです。

 

先日、またひとつ神社のご紹介記事を、世の中に送り届けさせていただきました!

 

これまた大好きな、根津神社様です。

 

◎連載【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#4】

長い歴史とロマンが宿る「根津神社」

 

 

 

今回の記事は、改めて読み返してみると、「長い歴史の中で残り続けることの意味」と「神社で感じる雰囲気」がより際立つのが、この根津神社の大きな特徴だったんだな……と思うわけです。

 

 

このあとがき記事では、そのうちの「神社で感じる雰囲気」ということについて、少し語ります!

 

神社によって「雰囲気」の違いがある、というのは、私がそもそも神社に魅了されるようになったきっかけでもありました。

 

いくつかの神社に足を運んでみると、同じ「神社」であることには変わりないのに、まるで空気の様子が違うんです。

 

これは恐らく、よく考えてみると誰にでも分かることなのではないでしょうか。

 

数多くの場所に足を運ぶことによって、そのふり幅がどんどん広がっていくので、さらによく分かるようになるはずです。

 

 

その神社がある場所が、都会なのか、人里離れた地域なのか、海なのか、山なのかなど……。

 

そこがどのような場所かということは、もちろんその「雰囲気」を大きく左右します。

 

 

そして私はもうひとつ、そこにいらっしゃる「神様」の個性で、その神社の雰囲気がガラッと変化するんだろうな……という気がしていて。

 

その感覚は、神社の世界を掘り下げれば下げるほど、研ぎ澄まされていくようにも思えます。

 

 

たとえば、今回ご紹介した根津神社様は特に、境内に3つのお社があるわけです。

 

本殿と、駒込稲荷神社と、乙女稲荷神社。

 

この3つの場所の雰囲気というのは、同じ「根津神社」の中にあるにもかかわらず、それぞれ個性があるように感じるのではないでしょうか。

 

 

御本殿は、雄々しさと懐の広さがあります。

 

駒込稲荷神社は、生真面目さのようなものがあり、背筋の伸びる感覚。

 

乙女稲荷は、柔らかさとやさしさを感じます。

 

 

もちろん、その感じ方は、人によって違ってくるものです。

 

しかし、このような違いに目を向けているうちに、きっと多くの方の感性や直感のような「キャッチする力」が育つのではないかと、私は勝手に思っています。

 

もし、神社の世界に興味を持ってくださったなら、ぜひ「いろんな場所」に足を運んでみてください。

 

自分の目で、耳で、肌で……いろいろなことを「感じて」みてください。

 

 

きっとあなたの人生を、もっと豊かにしてくれるヒントが、たくさん隠されているはずですよ!

 

 

◎連載【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#4】

長い歴史とロマンが宿る「根津神社」

 

DRESS上のプロフィールページ

 

★これまでの「巫女ライター日記」記事一覧

バックナンバー

 

 


 

★最新のお知せ★

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎最新神社ご紹介記事、更新されました!

長い歴史とロマンが宿る「根津神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#4】

 

《過去記事》

子育てと厄除けの八幡さま「大宮八幡宮」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#3】

神社でデトックス! 心と体をきれいにする「夏越の大祓」とは

五龍神のすまう田無の杜「田無神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

 

こんにちは、紺野うみです。

 

先日、また『DRESS』にて、新しく神社紹介の記事を公開させていただきました!

 

今回は、大宮八幡宮様です。

 

 

 

それにしても毎日暑すぎますから、この時期に神社に足を運ばれる際には、熱中症にお気を付けください。

 

私も神社に足を運びながら、この暑さは一歩間違えると本当に危険なので、かなり慎重です……!

 

早く、涼しい季節になってほしいですね♪

 

心ゆくまで、外にいられる季節になれば、ゆっくり参拝できますから。

 

 

それにしても、一つひとつの記事が積み重なるたびに、私の中にも濃く深く神社の知識が染み込んでいくような気がしています。

 

やっぱり、勉強をすると同時に「アウトプット」していくというのは、本当に大事なことなのだなと思いますね……。

 

知識というのは、単に覚えるだけではただの「暗記」に過ぎません。

 

自分の人生に「どう活かしていくか」、がミソなのだと感じます。

 

私の「巫女ライター」としての目的は、多くの方の心、そして人生の中で、神道というものが「生きた文化」になっていくことです。

 

それぞれの形・タイミングで、その存在が道しるべとなり、心の支えとなればいいと。

 

でも、それには存在や概要を「知っておく」ことが必要です。

 

誰にでも「知る機会」が訪れるように、その素晴らしさを知っているからこそ、努力して伝え続けていかなくてはと思っています。

 

それが、巫女ライターのお役目です(笑)

 

これからもコツコツ、そして楽しく頑張ります♪

 

何事も楽しくやらなければ、続きませんからね!

 

 

 

 

そうそう!

 

下の写真は、私がこれまで足を運んだ神社でご縁をいただき、お家にいらしていただいた方々です。

 

可愛いでしょう?笑

 

いつも、私の机の上で私を見守ってくださっているのですが、先日「エール」を送りたい人がいたので、この写真を送りました!

 

 

 

 

いろんな神社からお招きしたので、ものすごく密度の濃いスペースです。

 

マイパワースポット!(笑)

 

なにかいろんな話をしているに違いない……! と妄想しています★

 

ちなみに右下にいらっしゃるだるまさんは、大宮八幡宮の「だるまみくじ」でございます!

 

真面目太眉が大好き★

 

皆様も、ぜひ神社でお受けしたものなどは大切に扱って、その中に魂を感じてみてくださいね♪

 

心も生活も豊かになりますよ!

 

 

 

◎連載【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#3】

子育てと厄除けの八幡さま「大宮八幡宮」

 

DRESS上のプロフィールページ

 

★これまでの「巫女ライター日記」記事一覧

バックナンバー

 

 


 

★最新のお知せ★

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎最新神社ご紹介記事、更新されました!

子育てと厄除けの八幡さま「大宮八幡宮」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#3】

 

《過去記事》

神社でデトックス! 心と体をきれいにする「夏越の大祓」とは

五龍神のすまう田無の杜「田無神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

こんにちは、紺野うみです!

 

今日は、更新遅延の申し訳なさを思う存分、記事という形で吐き出していこうと思います(笑)

 

最近の紺野が引いた、素敵なおみくじ日記でございます。

 

 

下記は、静岡県の久能山東照宮にて引いたものです。

 

こちらのおみくじは東照公(徳川家康公)の「御遺訓」という形で、言葉をいただくものでした。

 

 

【御遺訓】

 

人は嘘らしき誠を申すとも

 

誠らしき嘘は語るべからず

 

【謹解】

 

人は誠実が大切であるから 嘘らしい真実は語っても真実の様な嘘は語ってはならない、

 

それは害はあっても益のない偽り事だから よく心得ねばならぬ。

 

【運勢】

 

まことしやかに語る嘘は いつかは露見するものだ

 

人はまことが大切であるから、

 

どんな境遇にあっても 常に誠心誠意を以って人に接して行くならば

 

必ずよい運がめぐって来て 幸福となるであろう。

 

 

あらゆる場所に、偽りのあふれる世の中です。

 

平和か平和でないかは、もはや関係なく、身近に「誠実さ」とはかけ離れた出来事がたくさん起こります。

 

そんな中に生きていても、しっかりと自分自身の「誠」を守り抜くこと。

 

それが、私たちに試されているのではないでしょうか?

 

 

「誠実」というのは、形のあるものではありません。

 

神様と同じように、目には見えない、自分の心の中だけのものです。

 

しかし、自分という人間を作り、支えていく大切な芯となります。

 

神様に、自分自身の心に、自分を信頼してくれている人の心に、決して恥じない生き方をするために……。

 

私たちは、あらゆる誘惑や弱さに晒されながらも、「誠実」を持ち続けなくてはならないのです。

 

 

誠実に、真心を込めて生きていれば、必ず黙っていても「幸福」はやってくるものだと思います。

 

私もそれを信じて、誠実に書いていこうと思います!

 

 

★これまでの「巫女ライター日記」記事一覧

バックナンバー

  

 

 

 

★最新のお知せ★

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎連載【神社のたしなみ】新記事、公開中!

神社でデトックス! 心と体をきれいにする「夏越の大祓」とは

 

《過去記事》

五龍神のすまう田無の杜「田無神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

こんにちは、紺野うみです。

 

自分自身で定めたルールによって縛られ過ぎてしまわないよう、この度、巫女ライター日記の更新も不定期ということにさせていただきました!

 

不定期とは言っても、引き続きこの場所で、神社や神様のことについて大切に書かせていただきます。

 

 

さてさて、最近も怒涛の勢いで、神社に訪れています。

 

新しい神社では、私はその神様にアドバイスやメッセージをいただくためにも、大抵の場合おみくじを引くようにしています。

 

いろいろと、素敵な言葉が手元に残っており、ご紹介したいものがたくさんあります!

 

今回は、せっかくですので「おみくじ日記」の記事をダブル更新でいこうかなと思います♪

 

お楽しみください!

 

 

もし、真の自由を求めようとするならば、

 

心中の奴隷をとりのけることから、

 

はじめねばならぬ。

 

すごい言葉だと思いました。

 

正直、心に刺さりました……。

 

 

実は7月に入ってからというもの、これまで続けてきた記事の更新などが思うようにいかず、内心とてもモヤモヤしていたのです。

 

あれこれと書きたいものは多いのですが、その配分や力を注ぐべき順序や優先性を考えていくと、どうしてもこれまで決めて動いていたサイトの更新ローテーションが上手くいかないのです。

 

自分で決めて、皆様に公言していたことでしたから、上手くいっていないということ自体に、実は結構ストレスを感じていたのだと思います。

 

しかし、この言葉を読んで、ふと気が付いたんです。

 

「自分で決めたルールに、いつの間にか自分で縛られ、その奴隷になりかけていたんじゃないか?」ということに。

 

思えば、かつて心理学の自己分析をかなり掘り下げていた時に、自分で自分を追い込んで「こうでなくてはいけない!」という檻に閉じ込めることが、私の癖になっていたことに気が付いたんですよね。

 

あの頃ほどではありませんが、たぶん、私自身にそういう思考癖が潜在的にあるのだと思います。

 

「そうだ、もっと自由でいないと、柔軟に動いていけないじゃない!」

 

……ハッとさせられました(笑)

 

 

そんなこんなで、あまり「この日に更新しなきゃいけない!」という風にしないで、自由に「心から書きたいこと」を「伝えたいタイミング」で出していけばいいのだということを、ちょうどいいときに教えていただいたおみくじでした。

 

 

このように、おみくじには得てして、「今の自分に必要なメッセージ」をいただける瞬間が多いものなんです!

 

ぜひとも、「吉凶」ばかりでなく、言葉に注目してみてください。

 

よほど悪いおみくじだったりするなどして気にならない限りは、持ち帰っていただき、折に触れて読み返してみてください。

 

時間差で、ものすごく重要なことに気が付く場合もあります!

 

そして私は引き続き、神様のメッセージとして捉える「おみくじ」の楽しさ・大切さ・ありがたさを、伝えていこうと思います★

 

 

★これまでの「巫女ライター日記」記事一覧

バックナンバー

 

 

 

 

★最新のお知せ★

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎連載【神社のたしなみ】新記事、公開中!

神社でデトックス! 心と体をきれいにする「夏越の大祓」とは

 

《過去記事》

五龍神のすまう田無の杜「田無神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

 

こんにちは、紺野うみです。

 

最近は、休みという休みに予定(主に神社関係)を詰め込みまくって、もはや純粋なOFFがあまりないです(笑)

 

それでも、好きなことを元気な体で、こんなにも全力で取り組めるというそのことが、いかにありがたいことか……噛みしめながらの今日この頃です。

 

まだまだ、私にできることはわずかばかりですが、その少しの「できること」を通して、世の中を少しでも明るくしていければと思う心は変わりません。

 

 

西日本における未曽有の大災害につきまして、心よりお見舞い申し上げます。

 

大切な人を失い、今も哀しみの中に取り残されている方。

 

避難生活の中で、心と体を酷使しながら、先の見えない不安に苦しんでいる方。

 

これまで築き上げてきたものを、やむなく手放さざるを得なかった方も、多いことかと思います。

 

加えて、この猛暑や相次ぐ台風の脅威……。

 

自然というのは私たちに多くの恵みを与えながら、時に残酷なほど、多くのものを奪い去っていきます。

 

「なぜ?」と、やり場のない怒りや哀しみに、恨みをぶつけたくなることもあるでしょう。

 

でも、苦しいときほど私たちの「心」は磨かれるのだろうと、私は思うのです。

 

目に見えなくても、心で感じることはできます。

 

なにもかも無くしたと思っても、確かに私たちを見守っている存在は「目に見えない世界」にこそ、たくさんあるのではないでしょうか。

 

私たちの「目」に見えていないだけなのです。

 

 

生きていればいつか必ず、再び笑顔になれる時はやってきます。

 

なにもかも投げ出して、逃げてしまいたくなることもあるかもしれませんが、自分ひとりで諦めないでくださいね。

 

自分自身の魂と、周りにいてくれる人たちと、目に見えない存在を信じてみてください。

 

まずは、自分の一番近くの人たちと、支えあい励ましあい、助け合っていきましょう。

 

自分の存在が、誰かの光になるかもしれません。

 

それは、誰が何と言おうと、自分がどう思おうと、大きな生きる意味になっているのです。

 

 

 

さて……今回のテーマは、「神社の人と話してみよう」で少しお話しようと思います。

 

これは、私が巫女としてご奉仕していたり、参拝者として神社に足を運んだり、そして今はライターとして取材をさせていただく際にも、よく思うことです。

 

 

巫女として神社にいるとき、参拝者の方とお話ができる瞬間を、私は結構狙っていたりするんです(笑)

 

せっかくいらしていただいたのだから、この神社を好きになっていただきたいし、「参拝に来れてよかった」と思ってほしい。

 

そして、またぜひ神様にご挨拶をしに来ていただきたいんです。

 

その繰り返しで、神様との絆が深まっていくのですから。

 

参拝者の方からご質問をいただけると、私はうれしくなります。

 

どんなに些細なことであっても、「お伝えできてよかった……」と私の胸の中も幸せに。

 

時には、参拝者の方からいただいた質問が難しく、こちらが勉強させていただくことすらあります。

 

私の場合は、まだまだひよっこなので、メモしておいて後で調べていたりします(笑)

 

もちろん、すべての神職の方がお話し好きということもないかもしれませんが、ぜひなにか疑問や知りたいことがあれば隙を見て(忙しすぎない頃合いを見計らっていただけるとありがたいですが)、神社の神主や巫女にお訊ねください。

 

 

また、私が参拝者として別の神社へ足を運んだ際や、ライターとして取材をさせていただく場合なども、その神社の方にお話しできると、本当にいろいろな発見や学びがあるんです!

 

深い話や、まさかの情報をいただけたりして、「話をしてみてよかった」とか「この方と出会えてよかった」とか、そういう素敵な瞬間もたくさんあります。

 

もちろん、ごく稀には「うーん……」と思う瞬間もありますが、その時はその時です(笑)

 

めげずに、いろんな場所でいろんな方とお話しするようになりました。

 

 

人と話をするということは、思わぬことを知る「きっかけの扉」にもなるもの。

 

私は神社にまつわる出会いでは特に、不思議なご縁を感じたり、驚くような出会いがあったりもしました。

 

皆さんもまずは、ちょこっと話しやすそうな神主さんや巫女さんに、声をかけてみるところから……いかがでしょうか?

 

「暑いですねぇ……」からでも構いませんよ!

 

神社におけるちょっとしたコミュニケーションから、神様のお導きで、何かが動き出すかもしれません。

 

 

★これまでの「巫女ライター日記」記事一覧

バックナンバー

 

 

 

★最新のお知せ★

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎連載【神社のたしなみ】新記事、公開中!

神社でデトックス! 心と体をきれいにする「夏越の大祓」とは

 

《過去記事》

五龍神のすまう田無の杜「田無神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

 

 

こんにちは、紺野うみです。

 

暑い季節になってまいりましたね。

 

急に梅雨が明けたと思ったら、もう台風が生まれてしまいました😯

 

 

この時期は各地で、自然災害が心配されるところでもあります。

 

ですが、それはある意味で自然というものの力を、自覚させられる瞬間とも言えるのではないでしょうか。

 

いくら科学や機械が発達しても、それをも超える力を持っている、それが自然です。

 

人間は、ついつい力を過信して「自然をどうにかしよう」と思いがちな生き物かもしれません。

 

 

けれど、古くから日本においては、自然はそのまま「神様」でした⛩️

 

「自然神」と呼ばれ、海には海の、山には山の、岩や樹木にも神様が宿っています。

 

その前で、私たちは謙虚に生きながら、自然の厳しさはもちろんのこと、そこから受けている限りない恩恵を忘れてはいけません✨

 

私は昔から、自然の美しい場所が大好きでしたが、その本当の凄さや価値について考えるようになったのは、神道の世界を深く知ってからのような気がしています。

 

新しく生まれる便利なものばかりが、私たちの生活や心を豊かにするとは限りません。

 

普段から何気なくそこにあり、意識を向けてみると改めてその大切さに気が付けることなんて、たくさんありますよね。

 

 

私は先日、初めて九州の地に降り立ち、高千穂などをはじめとする神話の土地を目の当たりにしてきました。

 

自然の中に感じられる、たくさんの力強いものを全身で体感してきた……というよりも、そのなかにどっぷり浸ってきたような気持ちです(笑)

 

これは、もう言葉だけでは表現しつくせません💦

 

東京に戻ってきてからも、しばらくぼんやり気分でした……!

 

……ということで、今回は写真で旅の一部をご紹介していこうかなと思います。

 

どうぞお楽しみください✨

 

 

 

↑ 鵜戸神宮(宮崎)にある稲荷社です。

 

赤い鳥居が緑に映えて、温かい雰囲気でした。

 

 

 

↑ 霧島岑神社には、まだ茅の輪がありました。

 

手作りの、優しい緑の輪っかでした。

 

 

 

↑ 霧島神宮に降る雨。

 

広々とした境内に、静かに降り注ぎます。

 

 

 

↑ 狭野神社の狛犬さんは、胸を張って誇らしげな表情。

 

御神木と仲良しです。

 

 

 

 

↑ 霧島神宮の奥にある、山神社です。

 

私はとにかくこの場所が好きでした、不思議な時間の流れる空間です。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

少しでも、神社の素敵なところを感じていただければと思いますが……。

 

やっぱりぜひ皆さんに全国各地に点在する神様の土地、足を運んでいただきたいです✨

 

私もまだまだ、何度も出かけたい神社、これから訪れてみたい神社がたくさんあります。

 

生きている限り、たくさんの出会いをして、よりその魅力をお伝えできればと思いますので、今後ともよろしくおねがいいたします!

 

 

★これまでの「巫女ライター日記」記事一覧

バックナンバー

 

 

★最新のお知せ★

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎連載【神社のたしなみ】新記事、公開中!

神社でデトックス! 心と体をきれいにする「夏越の大祓」とは

 

《過去記事》

五龍神のすまう田無の杜「田無神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

 

 

 

こんにちは、紺野うみです。

 

今回は、連載に紐づいて「お知らせ」という名のあとがき的な裏話の回です。

 

もうとっくに過ぎ去ってしまった話なのですが、先日『DRESS』にて、「夏越の大祓」に関する記事が公開されています!笑

 

そして夏越の大祓も明後日となりましたので、皆様、茅の輪をくぐるなら今のうちです

 

 

さて、今回は「神社紹介かなと思ったら、コラム?」と思った方もいらっしゃるでしょうか……。

 

実は、今後【巫女ライターの神社と御朱印めぐり】の合間に、このようなオムニバスの神社コラムを挟み込みながら、連載を進めていこうと思っています

 

……というのも、私は東京に住んでおりますので、基本的に最初はどうしても東京の神社中心のご紹介となってしまうわけですね。

 

(いずれは、日本中にどんどん広げていきたいと願っておりますが!!)

 

東京の神社ばかり紹介されても、違う地域でなかなか足を延ばせないよ……、という方に申し訳ないと思っておりまして。

 

どの地域にいても楽しんでいただける記事も書きたい、というところと、神社もご紹介するからにはきちんと時間を取って取材や下調べなどしながら丁寧に書いていきたいという点。

 

さらに、このブログでも書いているようなことをしっかりまとめて、もっとたくさんの方に読んでいただければということで、合間合間にコラムをINするプランを立てているという裏話でした(笑)

 

さて、今回私も夏越の大祓について書くにあたって、いろいろと調べたりしていたのですが、神社ごとの大祓の案内人形(ひとがた)の説明などは、特に参考になりました!

 

以前もどこかでお話しました通り、私は神社神道素敵なところをできるだけたくさんの方に伝えていければと思っており、どんな方にでも(できれば子どもたちにも)内容を理解していただけるように、やわらかくかみ砕いて書いていければと思っております。

 

まるで通訳のようなお仕事です(笑)

 

いくつかの神社の資料を集めたり、神道の本を読みあさったりしながら、その「通訳」のお仕事をするということこそ、自分自身にとっても何よりの糧になっているという気がしてなりません。

 

本当に、ありがたい話です✨

 

 

さまざまな神社をご紹介させていただくにあたっても、多くの神社関係者の方々と接することができますし、何より「取材だから!( ー`дー´)キリッ」という大義名分で、足しげく神社に通えるという幸せ(笑)←まぁ、自由に通えるんですけどね、十分!笑

 

でも、なんとなくこの今積み重ねている時間経験出会いというものが、今後の私自身と皆様へ届けるものに繋がる大切な一歩一歩なのだと、薄々感じていたりします。

 

 

人の好奇心のが発端となる学習意欲のようなものは、果てしなくて貪欲で、きっとこの不思議なパワーをもってすればいろいろな人がいろいろなことを成せるんだろうなと思います。

 

世の中の「スペシャリスト」と呼ばれるような方たちは、きっとなにかに底知れぬ「好奇心」や「愛情」があるのでしょう!

 

私もまだまだ勉強中の新人ライターですから、その「好き」の想いだけは、特に大事に育てていこうと思っています

 

ゆくゆくは、多くの方に、その「好き」の畑に撒いた種から育ったものをどんどん収穫してプレゼントして差し上げられたらと願っています

 

今後の私の成長(?)を、気長にご期待ください!笑

 

 

さて、それではまた、次回の神社紹介の原稿を頑張っていきたいと思います

 

次回の『DRESS』更新は、7月初旬頃を考えて頑張ります!

 

引き続き、応援をよろしくお願いいたします。

 

 

◎連載「神社のたしなみ」シリーズ

神社でデトックス! 心と体をきれいにする「夏越の大祓」とは

 

 

★これまでの「巫女ライター日記」記事一覧

バックナンバー

 

 

 

★最新のお知せ★

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎連載【神社のたしなみ】新記事、公開中!

神社でデトックス! 心と体をきれいにする「夏越の大祓」とは

 

《過去記事》

五龍神のすまう田無の杜「田無神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

 

 

 

こんにちは、紺野うみです。

 

 

今回は、私の個人的な経験で、神社に行くときにマストのアイテムをご紹介しておこうと思います!

 

まずは「へーえ!」と読んでいただき、それぞれに「これは私もそうしよう!」というものがあれば、ぜひ参考にしていただければと思います

 

 

■御朱印帳

 

初めてご挨拶させていただく神社に出かける際は、マストです!

 

ただし私の場合は、どこの神社でも「絶対に書いていただく!」という風には、あまりこだわっていません。

 

以前も地方の神社に足を運んだ際、ちょうど神職の方がお昼でいらっしゃらないタイミングだったこともありました。

 

さらに、御朱印受付が長蛇の列! というような状況も見かけたりします。

 

そういう時は、あまり「御朱印」というかたちにこだわらず、「あぁ、今日は御朱印をいただくタイミングじゃなかったんだな」と思って粘りはしません。

 

タイミングよく、ことがスムーズに運ぶときは「今GO!」のサインなのでしょうし、逆に「今はNG」なんだなというような場合もありますからね。

 

できるだけ「状況」も含めて、神様の導きやお取り計らいなのかも、と感じてみるとゆったりした気持ちで参拝ができますよ

 

(※万が一、御朱印帳の持参を忘れてしまったときでも、たいてい紙の御朱印を受けることができます)

 

 

■お賽銭用のお財布

 

これはとにかく便利です!

 

私の場合は、お札が崩れると必ずこのお財布に小銭のお釣り銭をどんどん入れて貯めておきます。

 

神社では、とにかく小銭が大事!

 

お賽銭は小銭がたくさん必要になりますし、御朱印を書いていただいたり、おみくじや御守りは100円玉バンザイ! です。笑

 

特にあまり大きくない神社や、山奥や人里離れた場所にある神社では、神社の方も都会のように気軽にお釣り銭を準備できない環境だったりしますからね。

 

しかも私は、このお財布を準備するようになってから、自分自身もとにかく重宝しているんです!

 

普段から鞄に入れて持ち歩いていると、ちょっとコンビニにっていう時もそれをひょいと持っていけばいいし、友人との割り勘でも一切困らないです(笑)

 

あと、「銭洗い弁天さま」のいらっしゃる神社では、その中にある小銭を一気に清めていただけるので、気持ちもすっきりします。

 

そして神社では、とにかく小銭を惜しみなく使います。

 

神社好きな私としては、たとえわずかでも、全国各地の大好きな神社が、ずーっと在り続けてほしいですからね!

 

 

■カメラ

 

これを使用するタイミングは、もちろん「時と場所をわきまえて」……なのですが、私は結構、神様にお断りしたうえで、積極的にお写真を撮らせていただいております。

 

当然、撮影禁止の場所や、ご神体そのものを不躾に撮影するようなことはよくありませんで。

 

図々しく陣取って、他の方のご参拝を妨害するようなことも、避けましょう。

 

自分のことばかりでなく、周囲の人へも思いやりを持って、周りを見ながらというのは大前提です。

 

(それから空気がピリピリしているような雰囲気がある場合は、撮影を控えたりすることも。基準はありません。感覚です)

 

私の場合、皆様にもご紹介したい神社が、とにかくたくさんありますから(笑)

 

やはり写真や動画を通じてでも、まず「この神社がいかに魅力的で素敵か」を「神社に恋する紺野の目線(笑)」でそのまんま切り取って、皆さんにも感じていただきたいんです。

 

まずは、何事も「興味を持っていただく」のが肝心!

 

写真や動画は、そのための「入り口」になるものだと思っています。

 

『DRESS』での連載もありますし、ご紹介するかしないかは別としても、気がつけばいつしか、できる限りお詣りの際は記録を撮らせていただくようになっていました。

 

また、私の場合は後から写真を見返して「うふふ」とやりながら(笑)、その神社のことを思い出したりしています

 

時には、お写真を通じて、お礼などをお伝えするようなこともあります。

 

御朱印や御守りもそうなのですが、それらをきっかけや窓口にして、よりその神社の神様と深いつながりが結ばれていきますからね!

 

きちんと礼節をわきまえながら、また、心の中で神様に「恐れ入りますが、撮らせてください」とお願いしてから、撮影するようにしましょう!

 

 


 

いかがでしたでしょうか?

 

まずは、この辺りで締めておきましょう!笑

 

またいろいろと、ご紹介することがあるかもしれません。

 

季節や場所などによっても、あってよかったアイテムや望ましい服装は違いますからね

 

以上、最近の私が、神社に出かける際、忘れずに持っているもののご紹介でした!

 

皆様もなにか「これはおすすめですよ!」というアイテムがあれば、ぜひ教えてくださいね

 

 

 

★これまでの「巫女ライター日記」記事一覧

バックナンバー

 

 

 

★最新のお知せ

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎連載【神社のたしなみ】新記事、6月24日(日)12時(正午)〜公開!

 

《過去記事》

五龍神のすまう田無の杜「田無神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

 

 

 

 

こんにちは、紺野うみです。

 

今回は、「日本人でも改めて聞かれるとドギマギしてしまう質問トップ10」に入るんじゃないかな! ……と個人的に思っている、この質問(笑)

 

この記事を読んだ皆様には、大体でも答えられるようになっていただけたらなと思って、少しまとめてみることにしました

 

あなたなりに理解して、ぜひ日本人として胸を張って外国の方や知らない人にも、「日本っていうのはね……」と答えてあげられるようにしてみましょう!

 

 

 

■神社とお寺は、そもそも異なる宗教の建物!

 

まず「神社」というものは、この日本に最も古くから存在する、「神道」という宗教の建物です。

 

対して「お寺」というものは、元々はインドや中国から伝来して、この日本に定着した「仏教」という宗教の建物です。

 

 

■それぞれの宗教の概要は?

 

そもそも「神道」は日本が起源であり、「多神教」といって「あらゆるものに神様が宿る」という考えが、特徴的な宗教です。

 

神話に登場する神々はもちろん、海・山・川・森・木・岩などといった自然や、歴史上の人物が神格化されて、「八百万(やおよろず)の神」として存在しています。

 

この世のすべてに対して、畏敬の念(いけいのねん=おそれて敬う心情)感謝の心を大切にしています。

 

 

一方「仏教」はというと、「」「釈迦」などとも呼ばれる、古代インドに現れた「ブッダ」という人物が教えを広めた宗教です。

 

仏様にもまた、大日如来・薬師如来・釈迦如来・聖観世音菩薩などたくさんの姿がありますが、それぞれさまざまな在り方をしていてこの世の人の心を導いています。

 

輪廻転生(りんねてんしょう)といって、人の魂が何度も生まれ変わりながら磨かれていくという考えが説かれています。

 

 

■それぞれの見分け方、目印は「鳥居」や「仏像」など!

 

神社には「鳥居」があり、その中は「神域」とされています。

 

古くから自然信仰(山や海など、自然神)のある場所や、神聖な儀式を行っていた場所などが、神社の起源だと言われています。

 

目には見えない「神様」の鎮座(ちんざ)される神聖な場所が、その神域=神社なのです。

 

神職(神主、巫女など)が、いわゆる神様の「家」である神社を守り受け継いでいます。

 

 

お寺には「仏像」があり、お墓があります。

 

人々の救いとなる「仏様」を守り、その教えが説かれている場所です。

 

また、多くの日本人が仏教の方式でお葬式を行っていますので、お墓もお寺の敷地内にある場合が多いですね。

 

僧侶(お坊さん、尼さんなど)が、仏様のいらっしゃるお寺を守り受け継いでいます。

 

 


 

 

■日本人にとっての「宗教」

 

日本人の心には、古くからこのどちらの宗教も、その民族的な文化・生活の中に溶け込んでいます。

 

たとえば、日本人の多くが初詣は神社に出かけ、亡くなったらお寺のお墓に入りますよね。

 

宗教」としての意識よりも、「日本の文化」のような感覚でいる方が多いような気もします。

 

これほどまでに「文化」として自然に溶け込んで、あまり「宗教」と意識されていないというのも不思議な世界だなと私は思っています。

 

日本人の多くが「私はなんの宗教を信じているんだろう?」と曖昧な宗教観でいることに対して、特に一神教の宗教を信じる海外の方はよく驚かれるそうです。

 

 

もちろんその他にも、日本には多くの宗教が存在していますが、日本では宗教間の対立が起こりません。

 

あらゆるものに神様が宿る」という神道の感覚や、「仏様にもさまざまな姿・在り方がある」という仏教の感覚。

 

これらが根底にあるからなのでしょうか……、他の「宗教」に対して、弾圧排除をするという感覚がありませんよね。

 

ある意味で曖昧、そして自由であり、それぞれの心にゆだねられている部分が多いのだと思います。

 

 

宗教」にはそれぞれに考え方があり、一概に「これが正しいんだ!」とは言えないものです。

 

そんな無粋なことは、言うべきでもないと、私は思っています。

 

人間が自分の心と向き合って正しい道を歩んでいくために、それぞれの心の芯となりうるものが、このような「宗教」なのではないでしょうか。

 

 

このようなおおらかで懐の広い感覚は、日本が誇りに思うべきものです。

 

他を否定するのではなく、認め許容し、理解しようとする心。

 

日本らしい宗教、そして文化を、あなたもきちんと「理解」しながら過ごしてみませんか?

 

 

 

★これまでの「巫女ライター日記」記事一覧

バックナンバー

 

 

 

 

★最新のお知らせ

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎連載【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】公開中!

五龍神のすまう田無の杜「田無神社」

 

《過去記事》

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」