こんにちは、紺野うみです。

 

今回は、「日本人でも改めて聞かれるとドギマギしてしまう質問トップ10」に入るんじゃないかな! ……と個人的に思っている、この質問(笑)

 

この記事を読んだ皆様には、大体でも答えられるようになっていただけたらなと思って、少しまとめてみることにしました

 

あなたなりに理解して、ぜひ日本人として胸を張って外国の方や知らない人にも、「日本っていうのはね……」と答えてあげられるようにしてみましょう!

 

 

 

■神社とお寺は、そもそも異なる宗教の建物!

 

まず「神社」というものは、この日本に最も古くから存在する、「神道」という宗教の建物です。

 

対して「お寺」というものは、元々はインドや中国から伝来して、この日本に定着した「仏教」という宗教の建物です。

 

 

■それぞれの宗教の概要は?

 

そもそも「神道」は日本が起源であり、「多神教」といって「あらゆるものに神様が宿る」という考えが、特徴的な宗教です。

 

神話に登場する神々はもちろん、海・山・川・森・木・岩などといった自然や、歴史上の人物が神格化されて、「八百万(やおよろず)の神」として存在しています。

 

この世のすべてに対して、畏敬の念(いけいのねん=おそれて敬う心情)感謝の心を大切にしています。

 

 

一方「仏教」はというと、「」「釈迦」などとも呼ばれる、古代インドに現れた「ブッダ」という人物が教えを広めた宗教です。

 

仏様にもまた、大日如来・薬師如来・釈迦如来・聖観世音菩薩などたくさんの姿がありますが、それぞれさまざまな在り方をしていてこの世の人の心を導いています。

 

輪廻転生(りんねてんしょう)といって、人の魂が何度も生まれ変わりながら磨かれていくという考えが説かれています。

 

 

■それぞれの見分け方、目印は「鳥居」や「仏像」など!

 

神社には「鳥居」があり、その中は「神域」とされています。

 

古くから自然信仰(山や海など、自然神)のある場所や、神聖な儀式を行っていた場所などが、神社の起源だと言われています。

 

目には見えない「神様」の鎮座(ちんざ)される神聖な場所が、その神域=神社なのです。

 

神職(神主、巫女など)が、いわゆる神様の「家」である神社を守り受け継いでいます。

 

 

お寺には「仏像」があり、お墓があります。

 

人々の救いとなる「仏様」を守り、その教えが説かれている場所です。

 

また、多くの日本人が仏教の方式でお葬式を行っていますので、お墓もお寺の敷地内にある場合が多いですね。

 

僧侶(お坊さん、尼さんなど)が、仏様のいらっしゃるお寺を守り受け継いでいます。

 

 


 

 

■日本人にとっての「宗教」

 

日本人の心には、古くからこのどちらの宗教も、その民族的な文化・生活の中に溶け込んでいます。

 

たとえば、日本人の多くが初詣は神社に出かけ、亡くなったらお寺のお墓に入りますよね。

 

宗教」としての意識よりも、「日本の文化」のような感覚でいる方が多いような気もします。

 

これほどまでに「文化」として自然に溶け込んで、あまり「宗教」と意識されていないというのも不思議な世界だなと私は思っています。

 

日本人の多くが「私はなんの宗教を信じているんだろう?」と曖昧な宗教観でいることに対して、特に一神教の宗教を信じる海外の方はよく驚かれるそうです。

 

 

もちろんその他にも、日本には多くの宗教が存在していますが、日本では宗教間の対立が起こりません。

 

あらゆるものに神様が宿る」という神道の感覚や、「仏様にもさまざまな姿・在り方がある」という仏教の感覚。

 

これらが根底にあるからなのでしょうか……、他の「宗教」に対して、弾圧排除をするという感覚がありませんよね。

 

ある意味で曖昧、そして自由であり、それぞれの心にゆだねられている部分が多いのだと思います。

 

 

宗教」にはそれぞれに考え方があり、一概に「これが正しいんだ!」とは言えないものです。

 

そんな無粋なことは、言うべきでもないと、私は思っています。

 

人間が自分の心と向き合って正しい道を歩んでいくために、それぞれの心の芯となりうるものが、このような「宗教」なのではないでしょうか。

 

 

このようなおおらかで懐の広い感覚は、日本が誇りに思うべきものです。

 

他を否定するのではなく、認め許容し、理解しようとする心。

 

日本らしい宗教、そして文化を、あなたもきちんと「理解」しながら過ごしてみませんか?

 

 

 

 

★最新のお知らせ

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎連載【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】公開中!

五龍神のすまう田無の杜「田無神社」

 

《過去記事》

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

 

 

こんにちは、紺野うみです。

 

早いもので、先日『DRESS』にて、2社目の神社紹介がリリースされました(笑)

 

 

自分でいろいろ学んで執筆する、という以前の形の記事と違って、取材に行ったり写真を撮影したり……。

 

そんなことから初めているうちに、時間の流れがかなりあっという間なんです!(笑)

 

やっぱり、実際の神社様をご紹介するとなると、ある意味で「自分ひとりの記事」ではなくなるわけですから、しっかりと責任を持ってまとめなくてはいけません

 

たとえば学生の頃なんかは、よく学校の先生から「学校の看板を背負っているんですよ」というような表現、されませんでしたか?

 

私の場合、「ご紹介させていただく」ということなわけですから、自ら「看板作ってアピール」し出したようなもの!笑

 

間違っても、神社からして「有難迷惑」な記事にならないように……と思うと、緊張もします。

 

それでも、私自身も足しげく通っているおすすめ神社のご紹介なので、楽しくてたまらないんですけどね

 

 

さらに言うと、個人的に「皆様へお伝えしたい」と願っているのは、神社で「心のふれあい」のようなひとときを過ごしていただきたい! という根本的なところなもので……。

 

ただ単に、見どころや御朱印だけをご紹介して終わり、にしたくないナ……という気持ちがあるんです。

 

これも、一種の下心(?)かもしれませんね!笑


 

とにかく皆さんに、神社を通して、いろいろなことを感じていただきたいんです

 

 

私だって、こんなに神社に夢中でなかった頃は、自分の現状に感謝することもすぐ忘れて、自分勝手に生きていました。

 

もちろん今だって、立派な人間かって聞かれたら「とんでもない!」って感じです💦

 

感情に流されそうになったり、自分のことだけで周りが見えなくなってしまうことばかり。

 

 

……でも、ひとつ大きく変われたと思うのは、「神社に行って神様や自分の心と向き合う時間」が頻繁にあることで、「気が付ける」んです、そのたびに。

 

自分の心の在り方とか、どういう風にしていきたいのかとかを、きちんと静かに考えられる時間が、自然と増えていきました

 

きっと、誰しもそういう「自分との対話」みたいな時間が、人生には必要なんだと思うんですよね。

 

でも、現代は特に「ぼーっと考える」とか「静かに自分と向き合う」とか、そういった時間をあまり持てなくなってきています。

 

とにかく効率化社会ですから……。


なんでも「時短」だとか、無駄を省こう、というスタイルで、ひたすら時間に追われた生活を送っている方が多い。

 

しかも、スマホやネットがあるせいで、暇があっても「自分でつぶしちゃう」んですよね。

 

あまり「考える」「感じる」といった時間が、取れない仕組みが増えてきている気がしています……。

 

 

だからこそ、心穏やかな時間を過ごせる「神社」という場所は、私が考えるに、人間にとって大切な「」のためのひとときを与えてくれるんだなぁと。

 

全国各地には、本当にさまざまな神社がありますから、それぞれの方にとってのお気に入りが見つかれば、もっと神社という空間が皆様の心と近くなるかもしれない!

 

……そんな想い(下心。笑)で、今後もさまざまな神社をご紹介していきますね

 

 

とにかく、こんな記事を書かせていただけていること、興味を持って読んでくださる方にも感謝しきりです

 

少しでも、人の心によい影響をもたらす、前向きな記事になればと願って、今後も頑張りますね

 

 


 

 

さて、せっかくなので、今回の田無神社の補足を少しだけ!

 

(なんせ1つの記事にするには、載せきれない部分が多くて……!)

 

 

まず、記事では「五龍神」をメインにご紹介しておりますが、実はそれ以外にも私のお気に入りスポットがあるんです

 

田無神社には、龍神様のお祀りされている場所以外にも、たくさん摂社・末社があります!

 

その中でも大好きな場所を、2箇所ほど追加で、こちらに書かせてください

 

 

 

「津島神社」

 

 

 

本殿に向かって左手の鳥居の横にある、素戔嗚尊(すさのおのみこと)という神様を、お祀りしているお社です!

 

疫病除け子どもの守護農神・家畜の守護などの御神徳があるそうです

 

 

私はいつも行くたびに、こちらのお社の左右にいらっしゃる龍神様から、ものすごい視線を感じています(笑)

 

あ、嫌な視線じゃないんですよ?

 

「お前、頑張ってるか?」「お前、元気なのか?」みたいな感じで観察されてる気分になって、「あはい、おかげさまで!」みたいな感じでお返事(笑)

 

ふふっと笑ってしまう、なんだか個人的にすごく好きな場所なんですよね

 

田無神社の記事で、一番最後にあるお写真が、この場所の引きの写真です!)

 

 

 

「少彦名神社」

 

 

 

本殿の左隣にあるこちらのお社には、少彦名神(すくなひこなのかみ)がお祀りされています。 

 

病気平癒身体安全などの御神徳があります

 

 

……写真でお分かりいただけるでしょうか?

 

このお社、いろいろと小さくて可愛らしいサイズなんです!

 

なぜかというと、この少彦名神という神様は、親指くらいの身体の大きさだと言われているんですよね。

 

それで、この神様のお社(特に摂社・末社としてお祀りされている場合)は、少彦名神様のサイズだったりすることがあるんです。

 

あの小さな鳥居! 個人的にかなりきゅんとします

 

 

以上、短めですが、追加のご紹介でした!笑

 

ぜひ田無神社に足を運ばれた際には、こちらのお社も見つけてみてくださいね

 

 

 

◎連載【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】

五龍神のすまう田無の杜「田無神社」

 

DRESS上のプロフィールページ

 

 

★これまでの「巫女ライター日記」記事一覧

バックナンバー

 

 

 

★最新のお知らせ


 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎連載【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】公開中!

五龍神のすまう田無の杜「田無神社」

 


《過去記事》

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

こんにちは、紺野うみです。

 

次回が『DRESS』で第2回目の神社紹介ということで、ここ数日、勉強と原稿執筆を結構頑張っていました!

 

いかにして取材で得た素敵な情報や、伝えたいことだらけの内容を、ぎゅっと凝縮しつつ分かりやすくお届けするか? ……というところが、やっぱり一番悩み、いろいろ推敲している部分です💦

 

つい先ほど目処が立ったので、ホッとしています

 

また、正式な公開日は直前にお知らせいたしますね!

 

いつも直前になってしまうのは、出し惜しみしているわけではなく……(笑)

 

ただ単純に、私が原稿を提出してから公開までのスピードが、さすがWeb媒体っていうくらいスピーディーだからです✨

 

ともあれ、次回のご紹介記事も、なかなかのこもった内容になっている気がします

 

……さあ、どちらの神社なのでしょうか? お楽しみに

 

 

 

さて、今日は上記の原稿でちょっと力を使ってしまったので、神様のお力をお借りして「おみくじ日記」にしようと思います

 

今回も、最近引いた中で特に印象深い内容だった、素敵なおみくじをご紹介いたします✨

 

 

【道】

 

我がを進みなさい

 

理想を忘れず必死に夢を追い求めなさい

 

 

とは

 

思いたったその日から

 

目の前に広がるありとあらゆる可能性のことである

 

 

 

……素敵な言葉だと思いませんか?

 

額に入れて飾っておきたいくらいです✨

 

私は今まさに、自分の信じるところをコツコツと突き進んでいこうとしていて。

 

まさに「安定」ではなく「理想」に向かって、挑戦し続けているような日々なんです💡

 

だからなおさら、このおみくじの言葉には勇気づけられました!

 

「この道で大丈夫、間違ってない!」

 

そんな風に、背中を押していただいたような気持ちになりました。

 

道っていうのは、本当に「自分の心次第」でつながりもすれば、断ち切れもするものですよね。

 

理想に向かって真っ直ぐに道を伸ばしていくことができれば、その日からもう既に、夢へと一歩ずつ前に進んでいることになります

 

「目の前には、あらゆる可能性が存在している。だから自分の信じる道を進み、頑張りなさい」という声が、聞こえたような気がしました🚪

 

 

皆さんの道は、どんな理想に繋がっていますか?

 

前向きに、神様自分自身を信じて、楽しみながら進んでいきましょうね!


 

 

★最新のお知らせ


 

■サイト更新ルーティンを変更いたします!

詳しくはこちらの記事をご覧ください……

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎連載【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】公開中!

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」

 


《過去記事》

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

 

こんにちは、紺野うみです。

 

6月になり、東京も間もなく梅雨入りだそうです🍬

 

 

さあ、この季節になると、神社には「あるもの」が設置されます!

 

見たことある方も、きっと多いのではないでしょうか?

 

それが、こちら……「茅の輪(ちのわ)」です。

 

 

御神前(拝殿・本殿の前など)に設置される、人がくぐれるサイズの、この大きな輪っか✨

 

こちらが出る頃になったら、「あぁ、そろそろ“夏越の大祓(なごしのおおはらえ)の季節ね!」ということになります💡

 

 

それでは、「夏越の大祓」とは、一体なんでしょうか?

 

大祓(おおはらえ)」という行事は、神道の世界で6月12月の、一年に2回行われるものです。

 

清浄」をもっとも大切にしている神道では、「罪穢れ(つみけがれ)」を祓い清めることが重要なこと🐥

 

一年の半分、その折り返し地点にあたる6月30日は、「夏越(夏を越すため)の大祓」をして、そこまでの半年間に自分の犯した罪穢れ降りかかった災厄を、きれいに祓い清めましょう……という日なのです🌱

 

そして、ここまでの半年を無事に過ごすことができたことに対しても、神様に感謝をお伝えして、また新たな気持ちで後半の半年をスタートさせる、という意味もあります

 

 

この6月30日に、神社で行うものは、主に2つ。

 

■ 茅の輪くぐり

 

■ 人形(ひとがた)に罪穢れをうつしてお祓い

 

 

それぞれ、簡単にご説明しておきましょう。

 


 

■ 茅の輪くぐり

 

この習慣、もともとは、こんな伝承が始まりだったと言われているそうです

 

身分を明かさずに旅をしていた神様が、とある町に着いたとき、その町一番のお金持ちの人の家に泊めてもらおうとしたところ、断られてしまいます💦

 

次に、その町一番の貧しい人の家に泊めてもらおうとすると、その蘇民将来(そみんしょうらい)という人は快く、真心でおもてなしをしたのだそう✨

 

その心に感心した神様は、「疫病が流行っても、あなたとあなたの子孫は助ける。子孫の証として、茅の輪を身に着けておきなさい」と告げました。

 

このお話がきっかけで、茅の輪くぐりは始まったのだそう……。

 

罪穢れを祓い、さらに夏の暑さや病気に負けない、強い心身を授かることができると言われているのです!

 

 

茅の輪(ちのわ)」は6月に入った頃あたりから、それぞれの神社で設置されていくことが多いです

 

いつでも自由にくぐることができるはずですから、この半年における「神様への感謝」と「心身を清めよう」という心をもって、次のようにくぐってみてください!

 

茅の輪の前で一礼をして、左回りに1回くぐる。

 

もう一度、茅の輪の前で一礼。今度は8の字を描くように右回りに1回くぐる。

 

さらに一礼、もう一度左回りに1回くぐる。

 

 

この時に、お祓いの言葉を唱えるようにするとよいでしょう!

 

どんな言葉を唱えるかは、その神社によって違っていたりします。

 

ですから、茅の輪付近に説明書きがあれば、その通りにやってみてください。

 

一般的なのは、「祓えたまえ、清めたまえ」の「略祓詞(りゃくはらえことば)」かなと思います。

 

あまり難しく考えすぎずに、神社で茅の輪に出会ったら、「心も身体もきれいにするぞ〜✨」とやってみてくださいね

 

 

 

■ 人形(ひとがた)に罪穢れをうつしてお祓い

 

神社にある、紙でできた「形代(かたしろ)」と呼ばれる人形(ひとがた)に、自分の罪穢れ・病などをうつして、お祓いするというものです

 

形代(かたしろ)」に、自分の「名前」と「年齢」を記入しましょう。

 

その形代で、身体(特に、患部や悪い場所)を撫でます。

 

形代に向かって、息を3回、ゆっくりと吹きかけます。

 

 

このようにして、この人形(ひとがた)に自分の罪穢れを移し、所定の場所におさめてください

 

この形代は、後で海や川に流したり、お焚き上げが行われます。

 

この「人形(ひとがた)」は、神社によっては年中置かれているところもあります💡

 

その場合、やり方は基本的に同じですから、折に触れて「お祓い」をしてみると、気持ちがすっきりしますよ!

 

 

 

まずは、この一年の半年の締めくくりに、「感謝」と「御清め」のタイミングがやってくるわけですね✨

 

ぜひ皆様も、神社でこれらを見かけましたら、やってみてください

 

 

 

 

★最新のお知らせ

 

■サイト更新ルーティンを変更いたします!

詳しくはこちらの記事をご覧ください……

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎連載【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】公開中!

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」

 

《過去記事》

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

 

 

こんにちは、紺野うみです!

 

皆様は神社にお出かけになる際、その神社でお祀りされている「神様(御祭神)」について、少しでも把握していらっしゃるでしょうか?

 

なにを隠そう、お恥ずかしながらかつての私も、あまり深くは掘り下げていなかったことでした💦

 

神社が「神様」のいらっしゃるところだということは知っていましたが、「どなたが」いらっしゃって、その神様は「どんな方」なのか……?

 

初詣に足を運んでいた神社でさえも、そういったところまでは、深く知らずに過ごしていました。

 

 

しかし、この世界に興味を抱くようになってから、それぞれの神社に足を運ぶたびに「この神社には、どなたがお祀りされているのだろう?」ということを、きちんと知りたいと思うようになったんです

 

なぜなら……。

 

神様にも、人間と同じように「個性――得意な分野」があると分かったからです💡

 

 

人間だって、得意な分野に関して自分のことを頼ってもらえたら、「よし、ひと肌脱ぎましょう!」と思いませんか?

 

しかし、それはあまり専門じゃないのにな……ということであれば、「それは私じゃなくて、あちらにお願いするといいですよ」といったように、それぞれの「個性」を意識するはず💦

 

神様も同じように、それぞれに「●●のことなら、私にまかせなさい!」となるものがあるのです!

 

ですから、神様のことを知ってお詣りをすると、きちんと「その神様の得意なことでお力添え(御神徳)をいただけるよう、自分でお願いすることができるようになる」わけです✨

 

 

古事記』や『日本書紀』など神話の世界では、神様たちのさまざまな物語が描かれているのですが、それらはとても人間味があっておもしろいのです

 

中でも有名な場面として、『天岩戸隠れ』というシーンがあります。

 

伊勢神宮にお祀りされている「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」という女性の神様は、ある時、弟にあたる「須佐之男命(すさのおのみこと)」の粗暴な行いに悲しんで、天の岩屋に引きこもってしまいます💦

 

太陽を象徴する神様ですから、世の中が暗闇に包まれてしまい、さまざまな災いが起こるようになりました

 

困り果てたほかの神々たちは、それぞれが「自分の得意な分野」で力を出し合って、「天照大御神」を岩屋の外に出そうと協力するというお話です!

 

まずは、知恵の神様である「天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)」が、作戦を考えました。

 

祭祀で使う道具も、刀剣などは鍛治職の「鍛人天津麻羅(かぬちあまつまら)」が、鏡は「石凝姥命(いしこりどめのみこと)」が、そして首飾りを「玉祖命(たまのおやのみこと)」がそれぞれ作ったのです。

 

作戦前の占いは、「布刀玉命(ふとだまのみこと)」が担当。

 

さらに、祭祀で祝詞を唱えたのは、「天児屋命(あめのこやねのみこと)」です。

 

天宇受売命(あめのうずめのみこと)」は岩屋の前で、情熱的なダンスを披露しました。

 

それを見て神様たちがあまりにも楽しそうに笑い、騒いでいるので、隠れていたものの外が気になってきた「天照大御神」。

 

気になってたまらず扉を小さく開いた隙に、力自慢の「天手力男命(あめのたぢからおのみこと)」が重い岩の扉をはねのけて、無事に世界にが戻ったのでした!

 

 

こんなふうに、神様たちも話し合いをして物事を進め、互いに個性を活かしながら知恵と力を合わせて、困難を乗り越えたのです✨

 

ですから、たとえば皆様もお近くの神社やご縁のある神社に、どのような神様がお祀りされているのかを、掘り下げてみることをおすすめします

 

なんというお名前の神様なのか?(しかもお名前もたくさんありますからね!笑)

 

得意な分野がなんなのか?

 

どんな性格の方なのか?

 

……神社に行く前には、そんなことを、ちょこっとネットなどからでも調べておくといいのではないでしょうか

 

 

たとえば、上記に登場した神様で言うと、「天宇受売命(あめのうずめのみこと)」は芸術・芸能面での成功の御神徳があります💃

 

そして「天児屋命(あめのこやねのみこと)」は「言霊」を司る神様ですので、文章に携わっている人にとっては、ぜひお力を借りたいところでしょう

 

 

このように、ぜひ、神様の「個性」にも着目してみてください

 

神様は、それこそ八百万いらっしゃると伝えられているので、私にもまだまだ山ほど知らない神様がたくさんいます

 

 

本当に奥が深く、終わりのない世界だなぁとしみじみ……(笑)

 

そういえば、いずれ私自身の勉強もかねて「神様レポート」のようなものを書けたらな……と思っています!

 

これからも、「こんなことが知りたい!」とか「これはどうなの?」といったような質問も、どんどんお寄せくださいね

 

 

 

 

 

★最新のお知らせ

 

■サイト更新ルーティンを変更いたします!

詳しくはこちらの記事をご覧ください……

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎連載【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】公開中!

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」

 

《過去記事》

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

 

こんにちは、紺野うみです。

 

私はとにかく、常日頃わりと頻繁に神社に足を運びます(笑)

 

そこで、行くたび行くたびにすべての神社で……というわけではもちろんありませんが。

 

今の自分に対して「何かヒントが欲しいとき」や「気を付けるべきことが知りたいとき」などに、おみくじを引くようにしています💡

 

以前、こちらで書いた「おみくじ、引き方・とらえ方」「おみくじ、その後どうするの?」のおみくじシリーズ記事(笑)でも触れましたが、おみくじは「神様からのメッセージ」であり大切なアドバイスなんです!

 

よく神社でおみくじを引いている多くの方を見ていると、どうしても「大吉か否か」という「吉凶」の部分に振り回されがちなご様子……💦

 

たとえば、「あーーー、末吉だぁぁぁ!」とガックリ来て、その他の部分は流し読み……という方、意外と多いのではないでしょうか?

 

でも、実はそれって、ものすごくもったいないんです

 

むしろ、「吉凶」にはそこまで一喜一憂することなく、メッセージ(文章)の部分をじっくり読んでみてください!

 

その部分にこそ、神様があなたに伝えたい内容が、書いてあることが多いのです

 

悩んでいることの解決につながるような発見があったり、大きな励ましをいただけたり、深く心にしみるような言葉に出会えたりします

 

 

……ということで、今回から新たに、「おみくじ日記」というものをたまに挟んでいこうと思っています

 

私がおみくじの中で出会った「素敵だな」と思う言葉、皆様にも「共有したいな」と思う言葉……✨

 

これらを、皆様にもご紹介させていただきますね

 

そして私のねらいは、「素敵なおみくじの言葉をご紹介する」だけでなく、それぞれ皆様がおみくじを引かれる際に、もっと「メッセージ」の方にも注目をしていただけるように、というところだったりもします(笑)

 

絶対に、そこを注視していた方が、人生の中で「助けていただける瞬間」が増えますから

 

 

これもひとつの「キャッチ力」のようなものです💡

 

ちゃんと、神様からのお力添えサインを受け止められるように、心の扉を開いておくことに繋がるはず🚪

 

私もこれまで、何度おみくじを通じたメッセージにに励まされ、忠告を受け、背中を押していただけたか分かりません!

 

ということで、今日も印象深い素敵なおみくじをご紹介いたします✨

 

 

【神の教】

 

胸のむら雲、はらえばすぐに、神の光がてりわたる

 

苦しい時、悲しい時、腹立たしい時、胸に手をおいて考えて見る。

 

すまぬ事、悪い事、恥ずかしい事、神様の御心に副わぬと思う事があれば、神様に御詫びをする。

 

御清めをする、御祈りをする。

 

すると屹度(きっと)、苦しみも薄らぎ腹立ちも和らぎ、心の底から喜びが湧いて、倖せがやってきます。

 

 

心が波立ち、苦しいときほど、私たちのはその成長を願って試されているのだと思うのです。

 

どんな時でも、心の中に一本の大樹を育てていくように、自分の中に大切なを立てていく🌱

 

あらゆるものから神様の存在を感じ、信じて、明るく素直に、そして謙虚に進んでいくこと。

 

それを実践しようと頑張っていれば、神様は必ず応援してくださいます

 

そうすれば自然に、自分の内側からしあわせがあふれてくる、そんな自分でいられるようになりますね✨

 

苦しいときこそ、じっと心を静かに、自分と向き合ることができるように頑張っていきましょう!

 

 

 

★これまでの「巫女ライター日記」記事一覧

バックナンバー

 

 

 


 

★最新のお知らせ

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎連載【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】公開中!

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」

 

《過去記事》

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

 

 

こんにちは、紺野うみです!

 

先日『DRESS』にて公開されました、神社ご紹介の記事。(https://p-dress.jp/articles/6793

 

これは、私にとってかなり大きな、勇気の一歩となりました👣

 

これからの活動において、私らしく「神社」に向き合い、そのご紹介記事をどのように書いていくべきかということに、まっすぐに取り組めたと思ったからです

 

私にとって「大好きな神社」は全国に山ほどありますが、その中でも特に「ぜひご紹介したい!」と思うくらい、大切な神社の記事です✨

 

スタートが上神明天祖神社様で、本当によかったなと感じています🐍

 

 

そして、その大切なご縁をいただいたことへの感謝をお伝えするために、このたびお礼詣りに……。

 

三ヶ所のお社にそれぞれご報告と御礼がお伝えできて、しかもざわざわと風の気持ちいいお天気だったのでうれしかったです✨

 

御礼をお伝えするための参拝だったはずが、私の方がすっかり幸せ気分で帰宅(笑)

 

 

そして、あらためて「お礼詣り」の大切さを実感しました!

 

いつも私は、「神社」や「神様」と向き合うとき、そして日々を生きる中で、「感謝」こそがもっとも大切なことだとお伝えしています🌱

 

お礼詣りとは、神様に「感謝」をお伝えするためのお詣りのこと💡

 

たとえば、お願いしたことが叶ったとき。

 

たとえば、大変なことを無事に乗り越えたとき。

 

そんなタイミングで、きちんと「その節は、お世話になりました」「あの時は、ありがとうございました」「おかげさまで、無事に終えました」などなど、神様にも御礼を申し上げていただきたいのです

 

その行動を通じて、私たちはより自分の中に「感謝のこころ」を育てていくことができると思うからです

 

 

物事には、どんなことでも(一見悪いように思えることであっても)、意味がある。

 

……そのことに気が付くようになってから、私はどんなに苦しくても心を負かすことなく、いろいろなものの見方で「楽しみながらさまざまなことを乗り越えられるようになった」という実感があります。

 

人生には、それぞれの人たちが乗り越えていくべきステップがあり、それを乗り越えた先にある成長こそが、本当の意味で私たちのを磨いてくれるのですから🗻✨

 

その出来事がもたらすものの、「本当の価値」に気が付くことができるようになるからです✨

 

神様は通常、私たちの「目には見えない存在」です👀

 

その「目に見えない存在」にきちんと「感謝」ができるかどうか✨

 

それは、私たちが自分の人生のを上げるため、一番大事なものなのではないでしょうか

 

私たちは人から素敵な贈り物をいただいたり、「在り難い」ことをしていただいたら、相手に感謝を伝えるはずです。

 

その先は、神様でも同じことです

 

ぜひ、ご縁をいただいた神社に、「お礼のためのお詣り」を行っていただければと思います✨

 

 

目には見えませんが、私は最近特に「ご縁」や「導き」などに関して、明らかに「神様のはたらきかけ」というものを実感しているんですよね……。

 

数年前には考えもしなかったようなことをいつの間にかやっていますし(笑)、人とのご縁は恵まれたものばかりです

 

まるで、私が今いるこの場所に、さまざまな物事が運ばれて集まってきているような感覚なんです🎀

 

でも、なにより強く思うのは、私は「神社の世界」に目を向けていなければ、今ここまで「感謝」の大切さを身に染みて感じることができているだろうか……ということ。

 

日々の参拝やお礼詣りの積み重ねが、いつの間にか、私の心を以前よりも柔らかく、そして鋭敏にしてくれたような気がしてなりません。(まだまだ人間としてはこれからですが💦笑)

 

たとえ「お願い事」がすぐに叶わなくても……。

 

毎日の健康や、ささやかな幸せ感謝する形でもいいのです🌱

 

感謝」をたずさえ、お礼のためのお詣りをすることが、あなたの心にもたらす変化は必ずあります

 

あなたもぜひ、騙されたと思って試してみてくださいね!

 

 

 

★これまでの「巫女ライター日記」記事一覧

バックナンバー

 

 

 

 

★最新のお知らせ

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎連載【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】公開中!

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」

 

《過去記事》

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

こんにちは、紺野うみです。

 

さぁ、お待たせいたしました!

 

いよいよ、私が個人的に大好きな神社の一部(重要。笑)を、大事に大事に紹介していくことになりました

 

 

内容はあくまでも「神社」の方に「ここを紹介してください!」と言われたものでなく、私が本当に「素敵……紹介したい!」と感じたものしか書いておりません

 

これからも、そのつもりで書いていきたいと思っています

 

でないと、本当に心を込めて書けなくなってしまうので……💦

 

 

そういった意味でも、今回の上神明天祖神社様には、まだまだ未熟な私を信頼してくださって、全面的におまかせをいただけたこと、感謝してもしきれません✨

 

丁寧で親身なお話や、資料・素材のご提供までしてくださいました!

 

改めて、「取材」という名目の「面と向かったコミュニケーション」の大切さを、実感したところです☺☺

 

そして神職の方々のお人柄を感じることができると、より「よい神社」というものはこういう方が作り上げているのだなと分かります

 

 

これからも、できる限り取材などを通じて実際にお話を聞いて普通の参拝だけではなかなか知りえない情報や、少し深堀りした内容をと思っております✨

 

神社の文化と言うのは、とにかく古くこの日本に伝わるもので、それぞれの神社にそれぞれの歴史があるものです。

 

一見すると難しく複雑に感じるような歴史や、神様についてのお話も、なるべくどなたにも親しんでいただけるくらい噛み砕いて書く、というのが私のこだわりポイント

 

……というか、頑張って磨いていきたい部分でもあります(笑)

 

 

「ここがいまいち分かりづらいよ!」ですとか、「このあたりをもっと深く掘り下げてほしい!」などなど。

 

ぜひお気軽に、ご意見をいただければと思います!

 

欲張りなので、せっかく書くならいいとこ取りを目指したいんです🐥

 

読む側もおもしろく、神社側もうれしく、書く側も楽しい記事

 

まぁ……一番最後は、いつでも余裕でクリアーですけれども(笑)

 

 

引き続き、お楽しみいただけるものを頑張って書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 

あ、ちなみに「紺野もさすがにここは知らないだろうけど、すごい素敵神社ありますよ!」という情報もお待ちしております

 

 

◎連載【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」

 

DRESS上のプロフィールページ

 

 

★これまでの「巫女ライター日記」記事一覧

バックナンバー

 

 

 

 

★最新のお知らせ

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎連載【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#1】公開中!

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」

 

《過去記事》

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

 

こんにちは、紺野うみです。

 

ここ数年の間に、知れば知るほど好きになっていった「神社」の世界✨

 

私にとってその存在は、一体どんな意味を持っているのでしょうか?

 

なぜ、ここまでその世界に魅力を感じ、夢中になれるのか……。

 

時折、冷静にそんなことを考えます(笑)

 

 

なにしろ、私自身はあまり時代の流れに敏感な方ではありませんので、実は近年の「御朱印ブーム」からその世界に入り込んだというわけではないんです💦

 

きっかけはと言えば、身近に神社に詳しい方が現れて、「いろいろな神社」を紹介していただいたことでした💡

 

神社は好きでしたが、あちこち「開拓」して行ったことのない場所へ出かけるわけではなく、1年に何度か身近な神社に足を運ぶくらいのもの🏃✨

 

しかし、多くの神社に出かけるようになり、自然にそれぞれの持つ空気特色を感じるようになってくると、そこからはもうあっという間でした(笑)

 

一気に、「うわぁ、おもしろい。神社ってこんなに奥が深かったんだ⁉」と感じるように……。

 

逆に、人生においてこんなにも身近な場所であるにも関わらず、自分がいかに「神社」について知らずに過ごしていたかを実感したんです💦

 

身近な神社にしても、そこにどんな神様がお祀りされているかもよく知らずにいましたし、それぞれの神様には「御神徳」といういわば「得意分野」があるのだということも知らずにいたくらいですから……📖

 

いろいろな神社に足を運びながら、「この神社はどんな神様がいらっしゃるの?」「どんな御神徳があるの?」といったことに少しずつ興味が湧いてきたんです

 

最初は、神様の独特で長いお名前(しかも同じ神様でもいろんな名前がある!笑)も、すぐに「えっと……どなたでしたっけ。もう一回お名前を!」となっていました💦

 

しかし、人間「興味」の力は侮れないものです(笑)

 

そんな神様のお名前も、あちこちの神社で触れて「あっ、ここにもスサノオさんいらっしゃるんだ!」といったやり取り(?)をしているうちに、すっかりよく知るお名前のようになってきつつあります

 

(神様はたーくさんいらっしゃるので、もちろんまだまだ知らない方も多いのですが💦)

 

 

でも、正直なところ、「親近感」がどんどん育っていったんです🌱✨

 

こうして、私がその世界に魅了されるまで、さほど時間はかかりませんでした!

 

 

正直なところ私の中では、「神社」という存在は「宗教」というよりも、「」や「精神」といった「自分の中身」に向き合う場所であるような感覚が強いなと感じています

 

神社」に出かけ、「神様」というフィルターを通して「自分自身」や「世界」を見つめること。

 

その感覚は、いつでも自分の心を冷静にし、ありのままの姿現状を見つめるきっかけになります。

 

時に、目をそらしたくなるような現実もくじけそうになる心も、神社に出かけて正直に吐き出してみると、不思議とすっきりするんですよね

 

きちんと「その先」のことを、前向きに考えていくことができるようになります。

 

そしてさらには、大きな決意を固めるときや、新しいことに挑戦していくときは特に、私の「勇気」や「自信(自分を信頼すること)」の源でもあるのだと思っています✨

 

 

神社は、「神様」にお願いをする場所である以前に、自分の心と向き合う場所なのではないでしょうか

 

私はどんどん「神社」を好きになるほど、その存在の奥深さ面白さに、惹きつけられてしまう私なのでした!

 

 

 

 

★これまでの記事一覧 → バックナンバー

 


 

最新のお知らせ

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報

◎連載「神社のたしなみ」シリーズ第3回公開中!

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

 

《過去記事》

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでの連絡先

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

 

 

 

こんにちは、紺野うみです。

 

まずプチお知らせですが、この度、改めましてtwitterInstagramを本格始動いたしました!

 

私の個人的フィルターを通して自由に発信していく世界になりますが、より身近に「目には見えない世界」を感じていただければうれしいです!

 

(※目には見えない世界=神社のこともそうですが、心理学のことも書き続けているので)

 

お気軽にフォローなど、よろしくお願い申し上げます

 

 

……さて。

 

今日は思い切って、ちょっとデリケートであり、しかし神社好きならきちんと考えていかなくてはならない、難しい問題について触れてみようかなと思っています。

 

神社の、継承の難しさについてのお話です。

 

あらかじめお断りさせていただきますが、想いが強すぎて、絶対長くなります(笑)

 

そして、以下は気分的にカラフルにせず、丁寧に書いていこうと思います!

 

もし、こういった話題がお嫌いな方は、こちらで区切りますので読み飛ばしていただければと思います。

 

 


 

続きを読む >>